犬や猫をノミから守る!フロントラインの使い方について

ノミの脅威

2 cute dogs

フロントラインの紹介をする前に、まずはノミの脅威について紹介しておきたいと思います。
人間にとってノミは小さな存在なので、そこまで危機感を感じないかもしれませんが、ペットのとってのノミは非常に厄介なものなので、必ずフロントラインを利用しましょう。

ノミはペットの体に付着し、血を吸うことによって栄養を得ます。
吸血された箇所はアレルギー反応を起こし、強いかゆみを生じます。かゆい時に体をかきむしるのは犬や猫も同じで、時には体から血が出るほどの体をかきむしってしまいます。
見た目が痛々しくなるのもかわいそうですが、傷の痛みから菌が入って深刻な病気に繋がる可能性もありますし、そうでなくてもかゆみや痛みは体の小さなペットにとって大きな負担になります。
結果的に寿命が縮まってしまう可能性もありますので、できるだけ早急にフロントラインでの駆除を行いましょう。

ノミの駆除はフロントラインがなくても一応は可能です。ノミは肉眼でも確認できますので、それを手でつまんで取り除くことはできます。
ただ、ペットの体にかみついているのみを無理矢理にはがすと、ノミの頭部がペットの体に入り込み、結果的に皮膚病の原因になってしまいます。
さらに、ノミは爆発的な勢いで繁殖しますので、肉眼での処理が追い付かないほどのノミが存在している可能性が高いです。
安全かつ効果的に駆除を行うためにも、必ずフロントラインを利用しましょう。

犬や猫にとって、ノミは非常に深刻な脅威ですが、同時にありふれた脅威でもあります。
自然界にはノミが繁殖できる環境がたくさんありますので、いつでも感染の危険があります。特に犬の場合は外に散歩に連れていくことが多くなりますので、どうしても感染を防げないでしょう。
だからこそ、フロントラインを定期的につかうことによって、しっかり予防してあげる必要があるのです。